お金を借りることに抵抗がなくなっていた若い頃の詳細

お金を借りることに抵抗がなくなっていた若い頃

"大学に入った時から、お金にずっと苦労していたので友達に借りたりするのはなんとも思わなくなっていました。
大学の学費や諸経費を出してくれなかったのは、私が母の連れ子で義理の父に対して母が遠慮したからです。
母も父も中卒だから大学なんて行かなくてもいいのではと思っている節もありました。
そんな訳でお金を借りるのに免疫ができてしまいました。
大学を卒業して社会人になったらクレジットカードを何の気なしに作り使っていましたし、カードのキャッシング枠が30万円あったのでそこからも借り入れするようになりました。
それでも借金しているという罪悪感は不思議と全然なかったです。
お金を借りるということにむとんちゃくだったのかもしれません。
そこまではまあよかったのですが、事情があって会社を辞めてしまって支払いができなくなってしまいました。
カード会社に行きキャッシングの30万円をローンで返す手続きをしたのですが、その頃は定職につかずにフリーターになっていたのでますますお金に困るようになっていました。
もちろん親に借りることはできませんから、今思うと怖いもの知らずですが近所の消費者金融に行って借り入れの申し込みをしました。
就職していなかったので限度額5万円しか借りれませんでしたが、それでもお金がなくて困っていたので現金が手に入ってよかったという思いしかなかったです。
この後就職して消費者金融の借り入れ限度額が50万円にまでなると、お約束のように限度額いっぱいまで借りてしまいました。"